iphoneのアプリ開発は複数言語の修得が必須!

プログラミング言語の選択も重要!

iphoneなどのスマートフォン用のアプリ開発言語は、10種類程度あります。言語それぞれで特徴があり、通信系に向いている言語や、ツール系に向いている言語などがあります。

多くのアプリ開発現場で使われているJava言語の特徴

Java言語は、Javaのために擬似的に作り出されたマシンのJava仮想マシン上で動作するものです。Java仮想マシンはハードウェアとJava言語の通訳者のようなものであるため、どのようなプラットフォームのコンピューターでも動作可能な言語であるのが最大の特徴です。C言語と似ていますが、C言語よりは関数数が少なく容易に習得できる言語です。

iphoneのアプリ開発は複数言語の修得が必須!

アプリケーション

Java言語と並んで人気を誇るC言語とは

C言語は開発されてから40年以上もの歴史のあるプログラミング言語です。完全オブジェクト指向となっていて、過去の設計資産が生かせます。また、C言語はハードウェアを意識してプログラミングする言語となっているため、Javaで設計したアプリよりも高速動作が可能となります。特に、グラフィック系や複雑な演算処理を行う時に向いています。

言語の特徴を押さえてアプリ開発に取り入れている業者なら信頼できる!

アプリ開発用の言語には複数の種類があり、高速動作が必要であればC言語、汎用性を持たせたいのであればJava言語、人工知能に強いPythonなどを始めとして10種類程度の言語が存在します。言語の特徴を抑えてアプリ開発を行う会社であれば、それだけ豊富な開発実績があると同時に、豊富な設計資産を持っているはずです。また、幅広いカテゴリーのアプリ開発実績があるため、アプリ開発の際の提案力も高いはずです。このような会社であれば、設計品質が高いことが予想され、納期も短くて済む可能性も高いです。

広告募集中