開発の流れを理解しよう!iphoneのアプリ開発を成功させるコツ

iphoneのアプリ開発は計画が大切~アプリ開発に必要なもの~

無計画にアプリ開発を始めるとどうなる?

iphoneのアプリ開発を目指す際に計画を立てなければ、作業する範囲や内容を明確にすることができなくなります。作業内容を階層的に分解すれば製作の順序がみえてきて、アプリを開発するまでに必要な期間も分かるので計画は必ずたてましょう。

開発工程の流れを知ることがポイント!

スムーズにiphoneのアプリ開発を目指すならば、開発工程にどんな流れがあるか知っておきましょう。ウォーターフォール型やアジャイル型など、どんな工程が合うか検討するのは大事です。

開発の流れを理解しよう!iphoneのアプリ開発を成功させるコツ

IT

まずはここから始まる!要件定義について

どんなiphoneのアプリを作りたいかアイデアを説明するために必要になるのが、要件定義書です。アイデアが形骸化された書類であり、アプリ開発をしても望んだものと違うアプリになっているという事態を防ぐことができます。チームでアプリを開発するならば、開発者全員が同じ認識を持てるように要件定義書はしっかり作りましょう。

要件定義が固まったら設計工程に移ろう

要件定義ができてiphoneのアプリ開発がより明確になったら、設計工程を作成することになります。要件定義の内容をもとにしてどのような画面を作成して、どのような処理を行えばいいか決めていくのが特徴です。設計資料ができれば、その後は画面の動きをデザインして資料をもとにプログラミングでアプリを構築していきます。

アプリが出来上がったら念入りにテストすることが大切

予定していたiphoneのアプリ開発がスケジュールの通りいかない時などに、間に合わせるためにテストの時間が削れてしまうことがあります。
しかし、削ってしまったがためにバグがみつかってしまうこともあるので、納期がずれてしまってもテストのために期間と予算をしっかりとりましょう。テスト仕様書を作って検証するのが重要です。

広告募集中